外壁塗装

■建物を水分から守る外壁塗装は10年に1度が目安

ご自宅の外壁が色褪せていたり、塗装が一部剥がれている・・・
そんな時は長澤建装にご相談ください!

塗料の色褪せや剥がれは塗り替え時期のサインです。
塗膜が失われた状態のまま外壁を放置しておくと、お住まいに水分が浸入し、木造住宅なら基礎部分を腐らせてしまうこともあります。
そうなると、塗装工事よりも更に大きな修繕工事が必要になり、結果的にコストも割高になってしまいます。

当社にお任せいただければ、お住まいの環境や外壁の傷み具合に合わせた適切な塗り替えで、長期的なリフォームに関わるコストカットに貢献いたします。

 

■長澤建装の長持ちする施工のポイント

●万全な下地調整
下地調整をおろそかにしてしまうと、経験豊富な職人が高品質な塗料を使って塗りを行っても、きれいに塗料が乗りません。
それだけ仕上がりに大きな影響を与えてしまう重要な工程なので、当社では細かな部分まで丁寧に下地調整を行うことで、塗装が長持ちするよう努めています。

●豊富な塗料の知識
塗料によって、適材適所の使い方があり、それを見極めるのが私たち職人の仕事です。
各塗料には、適切な塗装対象がメーカーによって定められています。
正しい知識を持っているからこそ、建物に合った塗料・塗り方をお届けできます。

●木部・鉄部などのパーツ毎の塗料の選別
外壁や屋根には、破風や水切り、幕板など様々な付帯部分があります。
そういった細かなパーツも、建物を守るためには欠かせない重要な要素。
当社では、そういったパーツ部分に関しても、素材に合わせて最適な塗装を実施。
建物全体をしっかりと保護し、その寿命を延ばします。

ご相談・お見積りは無料!お気軽にご相談ください

【代表直通】090-3226-2625
【受付時間】8:00~20:00(日曜定休)
【メール】お問い合わせフォームこちら≫
【対応エリア】東久留米を中心に東京都および近郊エリア

一覧ページに戻る