屋根塗装

  • 施工前

  • 施工後

■外壁よりも劣化が早いと言われている屋根

屋根は外壁よりも塗装の劣化が早いと言われています。

外壁よりもより近い位置で直射日光を浴びる屋根は、夏場には70℃にもなり、そして冬には雪が積もればマイナスになることもあります。
極端な寒暖差だけでなく、雨や風からも毎日私たちの生活を守ってくれている屋根の劣化が早いことは、仕方のないことなのかもしれません。

とは言え、屋根は普段の生活で確認しづらい場所でもあります。
外壁の塗り替えをお考えであれば、屋根はそれ以上に傷んでいることが大半なので、是非屋根の点検のご依頼も合わせてご検討ください。

 

■屋根にオススメな機能性塗料

塗料選びは、塗装の耐用年数に関わる重要な選択です。
最近では断熱効果・遮熱効果など、暮らしに役立つ機能を兼ね備えた塗料もあります。
当社でも取り扱いしておりますので、ご希望の際はぜひお気軽にご相談ください。

●断熱塗料
太陽光の熱を塗膜に溜め込む、断熱材の機能を持った塗料です。
屋根に塗装することで、室内の温度上昇を効果的に防ぎます。

●遮熱塗料
太陽の近赤外線を反射するする顔料を混ぜた塗料です。
断熱塗料と同じく、室内の温度上昇を防ぐ目的で、屋根塗装に多く使われます。

●低汚染型塗料
通常のシリコン系の塗料の中に、無機化合物のシリカ(二酸化ケイ素)を含んだと塗料です。
塗膜表面に、このシリカ微粒子がくるように配合されているので、表面が低帯電性や親水性が高くなり、汚れが落ちやすくなります。

●光触媒塗料
紫外線により汚れを分解して浮かせ、自然の雨により洗い流してしまうという効果があります。
メーカーでは「セルフクリーニング効果」と言ってます。

 

■コロニアル屋根やカラーベストの塗替え

コロニアル屋根やカラーベストの塗替えには縁切りとしてタスペーサーをお勧めします。
縁切りとは屋根と屋根の重なりが塗り替えたとき塗料でくっついてしまう場合があり隙間がなくなると雨水が侵入した際、逃げ道がなくなり屋根の下地の腐食、のちには雨漏りの原因となりかねません。
それらを防ぐために、縁切りとしてタスペーサーと言う物を挿入します。
それによって屋根と屋根の間に隙間ができ、雨水の逃げ道ができるというものです。

ご相談・お見積りは無料!お気軽にご相談ください

【代表直通】090-3226-2625
【受付時間】8:00~20:00(日曜定休)
【メール】お問い合わせフォームこちら≫
【対応エリア】東久留米を中心に東京都および近郊エリア

一覧ページに戻る